着物リサイクルで素敵にリメイク

私の母は、和裁の学校を出ていることもあって着物や洋服を
簡単に作れてしまう人です。

私の成人式用の着物も準備してくれたり、人生の節目節目に
新しい着物を用意してくれていました。

私も友達や親戚の結婚式には和装で参加することが
多かったのは母親の着物姿をみているからだと思います。

そんな母が着物用のタンスがいっぱいになってしまった事を
きっかけに着物のリメイクをはじめました。

リサイクルの着物を格安で買ってきては、ワンピースにしたり
シミが目立つ着物をのれんにしたりと楽しんでいました。

着物のリメイクは流行していたらしく、本もたくさん出版
されていたのを知ったので母にプレゼントしました。

私も中を見てみましたが、バックから洋服、小物まで
作れるらしく考えるだけでも楽しそうです。

今では、どこからか古着の着物が集まってくる我が家なので
吊るし雛の材料にしたりチュニックを作ったりと次々作品が
出来上がるので見るのが楽しみです。

私用に母親とお揃いのロングスカートを作って
もらったのですが、独特の光沢と柄が素敵で気に入っています。

着物はリメイクやリサイクルするとっても素敵な
物に変身するので洋服とは違ったニーズがある気がします。

洋服の場合は身体のサイズに割りとピッタリしているけど
着物の場合は直線で切った布を縫い合わせです。

だから布地はリサイクルして別のモノを作る時に
作りやすいと言えます。

着物は紐や帯を使って極端な言い方をすると身体に
巻き付ける感じですから直線のカットで良いわけです。

金や銀などが入っている綺麗な布地は別のモノに仕立ても
素敵なモノに仕上ります。

着物の買取する業者がいくつかあるのも
わかるような気がします。

古着でも着物買取業者が買取って別の人が
それを再利用して生まれ変わるのって素敵です。

江戸時代はリサイクルが盛んだったとか聞いた事があります。
循環型社会で使い捨ての社会ではなかったようです。

日本人の「もったいない」という精神が今の
着物リサイクルや着物買取などに活かされている
感じがしています。

昔はもっと日本人の中に「もったいない」という感覚は
あったと思います。

ですが「断捨離」といった言葉も出てきて薄らいで
いるのかもしれません。

身近にあるわけではなくてテレビで見ただけですが
自宅にゴミを長年の間に集めてゴミ屋敷になっている人が
ニュースになっていました。

こういったおかしな状態になってしまった人が
いたりするので、なんだもかんでも捨ててしまって
綺麗にスッキリと暮らしましょう・・・となって
いるのかもしれません。

いらなくなったゴミは捨てるべきだと思いますが
他の人の元にいけば、まだまだ使えるものは
リサイクルやリメイクでモノが生き返る可能性が
あると思います。

特に着物の場合は作った最初の時には高価で綺麗で
持っている人の気持を豊かにしていたはずです。

金や銀の豪華な刺繍入りなどが入った着物などは
特に形を変えて小物などにすると素敵です。

着物リサイクルなどは着物買取業者を利用すると
良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする